恋に落ちる音が聞こえたら

増えていく思い出忘れないように 半分は持っててよ 君のそんなとこが 好きになっちゃう

安田くんの天才さを語りたい

 

友達に、関ジャニ∞で誰が好きなの?と聞かれると、堂々と『安田くん!!!』と答えるのですが、大体の人は、『安田くんって、どの人?』って聞き返されます。

 

たしかに、印象は薄いかもしれない!

顔班の錦戸大倉、バラエティー班の横山村上、歌班のすばる、ギャグキャラ班丸山。

安田、、、あれ、安田、、、。

 

わたしは安田くんは天才だと思ってます。アーティスト性がズバ抜けている!

今まで安田くんが作詞作曲した曲など聞いてきた中で、あぁこの人はすごいと何度も思わされてきましたが、新曲『NOROSHI』のカップリングの『Black of Night』を聴いて確信しました。あぁ天才がここにいたか。

 

そこで、安田くんの主な作詞作曲の曲を分析して、どれほど天才かを皆さまにお伝えします(ステマ

 

『わたし鏡』(2007年発売「KJ2 ズッコケ大脱走」)

この曲は、安田章大くんの作詞作曲で、ライブでテイラーのギターを持ちながら弾き語る姿が印象的な曲です。おかげでわたしもテイラーの音色の魅力にとりつかれ、テイラーギターをゲットするために、そして安田章大くん山田涼介くんに貢ぐために今日も今日とてバイトです。

 

さて、どこら辺が天才かっていうと、まあ全部なんですけど、特に詞ですね!!

遠距離恋愛?の曲なんですが、女の子目線で書かれてて歌詞がまたこれかわいい。

”照らし出された月夜道

二人だけが歩ける道

辿り着けるかな?待っててくれるかな?

早る思い足音に乗せて奏でるわ”

 

 って歌詞があるんですが、ジャニーズの男の子が書いたとは思えない可愛さ、、、

この歌詞がわたしのお気に入りで、冬の夜とか聴いて帰ると、あたかも安田くんが待っててくれるように感じるので最高です。おすすめ。 

照らしだされた月夜道を安田くんと歩きたかった人生だった。安田くん大好き。

 

アイライロ(2009年発売 「PUZZLE」)

 

ウィキペディアから引っ張ってきた文章↓↓↓

 

アイライロは、関ジャニ∞の3rdアルバム、PUZZLEに収録された安田章大のソロ曲。正確にはタイトルの「イ」はにんべんである。

作詞作曲は安田本人である。片思いをしている男の子の女の子への気持ちをつづった歌詞で「女の子でも分かる男の子の気持ち」。

アイライロというタイトルの意味は「イ」は漢字のにんべんを用いており人間の男と女のそのままの愛という意味がある。また、アイライン(I line)とかけており『絶対交わらないわたしだけの線』と言う意味もある。

アイライロを漢字で書くと『愛裸色』と書く。この由来は愛に対して裸のままでいたい(素直なままでいたい)と言う意味である。

 

すごくないですか??????

色んな意味がいくつも重なって曲になってるなんてミルフィーユかよ。

 

関ジャニズムのツアーで、生で聴くことがあったんですが、曲の入りだけギター、そのあとダンスというイケ散らかしすぎた演出によりもれなくぶっ倒れそうになりました。安田くん大好き。

 

『Dye D?』(2011年発売 「FIGHT」)

アホで脳内お花畑ヤスダくんが、なんと英詞を書くとは、、、と思わず道端でひれ伏しそうになりました。

吸血鬼の曲で、E×Eのツアーの映像もまた素敵( ;  ; )安田くん大好き。

 

 

⑷Black of Night(2016年発売 「NOROSHI」)

これは、、、天才さだだ漏れ、、、大洪水、、、

作詞作曲はもちろん、PVや衣装、振り付けまでも安田くんが関わっている安田担にとっては墓場まで持っていくレベルの曲。

なんといってもかっこいいし、絶対に歌うの難しいでしょ!!!

一度、安田くんのレンジャーで途中からRADWIMPSに変わったかなって回があったんですが、おそらくその頃に作っていた曲だろうと、、、

なんていうか、歌詞がドロドロしている。

何はともあれ最高な曲なのでみんなNOROSHI買う!買う買う!安田くん大好き。

 

 

と、まぁこんな感じですかね、、、

もっともっともーっとあるんですけど全て語り尽くすのには560423391年かかるのでやめておきますね。

 

あ、ツアーの感想も今度書きまーす

 

Hey!Say!JUMPの横アリに行ってきたよ!!!!

 

 

2回目です!!!!

 

なんと、初めて、同じライブツアーに2回入るという贅沢極まりないことをしました。いつからこんな人間になったんでしょうか。ヲタク最高です。

 

前回、仙台公演に参加した時のチケットは先日誕生日をお迎えになられた某光担の親友に取っていただきました。そして今回は、同じ寮の子に取っていただきました。他力本願です。これからわたしの座右の銘は他力本願にしようか。

 

さて、2回目だからでしょうか、仙台公演のときよりも始まる前の意識ははっきりしていますが、始まってからの意識がほとんどありません。なぜでしょうか!!

 

そうです、ライブから時間が経ったからです。

 

レポにおこして記録しておこうと思ったんですが、なかなか時間がなく、おこせず、記憶が薄れてしまいました。バカヤローです。

 

まぁとりあえず、山田涼介がレオナルド・ヤマプリオだったこと、山田涼介が彫刻のように美しかったこと、山田涼介の美声が響き渡っていたこと、山田涼介に干されたこと、の4点がとても印象深いです。なんでいつもわたしの方を向いてくれないのよ!!!!!なんでいつも干されるのよ!!!!

 

もちろん、他のメンバーも素敵すぎて軽率に死ぬかと思いました。彼ら軽く犯罪者ですわ、、、。

 

 

実は仙台公演のときも思ったのですが、ファン層が若くてとても怖かった。JUMPファンはわたしの中で怖いイメージが強いので、いつすれ違いざまに殴られるか恐怖に怯えていました。JKやJCの多さに圧倒され、自分のババア感が拭えなかったのが悔しいです。あとは、めっちゃおっぱい!ってお洋服着てるお姉さまとか、ふあふあ女子(੭ु ›ω‹ )੭みたいな子も多かったです、、、4年ぶりの現場は未知なる世界でした。

 

そしてそして、ついに単独カウコン決まりましたね!!!!

絶対に行こうと思ったので、先日、足の怪我と発熱で学校を休んだ際に、今しかない!と思い死ぬ気で郵便局へ向かい、無事、Hey!Say!JUMPファンクラブへ入会してきました!!ゆえに、先ほど申し上げた、他力本願という座右の銘、撤回させていただきます〜!

熱のせいか、怪我のせいか、はたまた山田涼介への想いのせいか、自分の住所4回間違えて、しんどい!と叫びながら振込用紙記入しました。郵便局の人全員引いてたのではないかと思います。嘘です。叫んでません。

 

 

まぁ、散々ここまでHey!Say!JUMPについて書いてますが、そろそろ関ジャニ∞のツアーも発表され、今月中に当落があります。愛しの愛しの安田章大くんにやっと自分の名義でお会いできるチャンスです。当たれ。割とわたし頑張ってる。当たれ。

 

Hey!Say!JUMPのコンサートに行ってきました。

 

Hey!Say!JUMPのライブツアー2016 DEAR.に参加してきました!!!!!!

 

 

最高!!!!!!!!!!!!!!!!

 

久しぶりにJUMPくんの現場でした。(4年ぶり?)

なんかもう、ファンの年齢層が若くて圧倒されたよ、、、

わたしが沼へ引きずり込んだ某光担の子と参戦してきました!!!

 

f:id:omochi24:20160829090837j:image

 席は、スタンドAの4列目という最高な席でした!!!当ててくれてありがとう( ;  ; )そして一緒に行ってくれてありがとう( ;  ; )

 

ここからめっちゃネタバレ!!!!!めっちゃネタバレ!!!!!めっちゃネタバレ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

セトリごとに印象に残ったの書いてきまーす!

 



1.オープニング映像
2.Invitation

→オープニングからかっこよすぎて神かと思っ た。


3.Masquerade

→神すぎて騒ぎすぎて肩つった。 仮面の外し方があざとすぎてなんかわーってなったけど、もう記憶がないです。

 

4.RUN de Boo!

→合いの手がよくわかんなかったけどなんとか     ついていけた。動いてる!動いてる!人間だ!やばい!としか思ってなかった。語彙力の無さ。ひかるくんの『いくぜ!ふるさとー!』でああああってなるわたしと友達。

 

5.キミアトラクション

→山田『今日のお前らは一段とかわいいな』   言われたい。ひれ伏したい。何回もお辞儀しました。

 

6.Viva!9’s SOUL

→もーーーーう最高みんな最高。涼介の甘いボイス聞いたら腰砕け散った。  有岡くんに向かって山田が『お前の魅力は0に等しい!』って言ってたの萌えた。その後の有岡くんの『えっ、ゼロ?ゼロなの?』もかわいかった。何が言いたいかってありやま最高。


7.ウィークエンダー

→やまちねぇぇぇ!!!

山田、知念に向けて手を差し伸べてひざまずく。知念、手をとる。そのままバーン。ごち。

伊野尾パートが、『解けないいのおから始まる∞いのおです!謎の伊野尾ミサイル!ブーン!』で伊野尾だらけ。

ゆーや、『謎のゆーやミサイルブーン。』

おきまりの山田のスウィートアンサー生で聴けてよかった。耳が溶けるかと思った。

わたし、無事ウィーケンで死亡。

 

8.Speed it Up

→エロい。昼間とは思えない。エロい。Hey!Say!BESTエロい!!!!!!!!!!ゆーやがね、最初からエロかったけど、ここでもエロい!

ゆーやセリフ『もっと感じさせろよ』

薮くんセリフ『脱いじゃおっかな〜』

ごち。


9.パーリーモンスター

→ヘドバンしててあんまり覚えてない。涼介くんもっとちゃっとヘドバンして!デスボもちゃんとやって!

圭人にみんな寄ってたかるとこの涼介くんのお顔が可愛すぎた。


10.今夜貴方を口説きます

→光担のお友達がどうにかなるんじゃないかと思った。すごかった。いのひかって最高ね。

サングラスかけるところ爆笑だった。さすが。

 

11.order

→有岡くんのぶぎのー感は変わらなかったな、、、相変わらずひらがなで可愛い、、、( ;  ; )これもゆーやがエロい。

涼介くん、そんなに照れたりしたら〜のパート、椅子に座って帝王感。サディスティックすぎ。最高。


12.愛のシュビドゥバ

→ペンライトもってわちゃわちゃするJUMPくんたちめっちゃ可愛いかった、、、。

 

13.We are 男の子

→バクステ側だったから、めっちゃ近くてなんかもうすごかった、、、

裕翔くん途中でマイク落としちゃったの可愛いかったなぁ〜


14.我 I Need You

→涼介「その唇奪っちゃっていいですか?」でカメラに向かって「来いよ!(口パク)」
下から手招き→目を閉じてキス顔。

これは死ぬかと思った。ごち。


15.真剣SUNSHINE

→伊野尾「光る真夏のビーナス宮城を独り占めさ!」

涼介のパート、やっと見つけたマーメイドでカメラアピール。どんどん寄ってくる。カメラに手をかける。あざとい。好き。

 

○MC○

→JUMPちゃんわちゃわちゃ中ずっと立ってる客席に、山「ちらほら座ってる人いるし先に座ってもらわない?」薮「座らせようか」一斉に座り出す客席に対して、裕「可愛いね、みんな座っていいよって言うまで立ってるんだね」

 

サンカットめっちゃ使ってる有岡くん。頭皮にもかけられるのがいいみたい。そのあとのパックも使っているらしい。

 

仙台に来たから、牛タンを食べに行った話。いのちねは先にお店に入っちゃったから、他メンとは別の席でマネージャーさんやスタッフさんたちとご飯。伊野尾ちゃんがご飯食べてるところを、知念ちゃんのちょっといいカメラでずっと撮影。それを聞いて 誰か『宝の持ち腐れ』。

涼介「ちーちゃんちっちゃいから、カメラがでっかく見えんの!」

いのちね以外のメンバーは、店員さんにギャグを言ってどんだけ笑わせられるか。

光『ポイントゲッソー!!』
薮『おいしいでゲソー』

牛タン食べても『おいしいでゲソー』って言う薮くん。MC中終始おしゃべり。ニコニコお目目がなくなるまで笑う薮くん。

ありやまはたこの唐揚げ、一気にどんだけ口に入るかで。
山田:5個 有岡:7個

それを見てた裕翔「あったかいウーロン茶飲んだら脂吸収してくれるよ」優しさの塊かよ、、、( ;  ; )

昨夜のごはんにこんにゃくを食べてた話。

裕翔「高木くんこんにゃくがつるつるしてなかなか掴めないの~掴めた時にはすごい端っこにいっててそれをやっとさせてた」

雄也「ひと思いにブスッと突き刺してやりました」

薮「アイスピックで殺すとかコナンの犯人みたいだな」

 

愛のシュビドゥバでの、大ちゃんのお顔の話。

山「ってか、最後口開けてるのすごい気になっちゃってさ」
有「(再現)愛のシュビドゥバじゃない?」
山「それだ!」
有「シュビドゥバ!って言ってるからこの口になっちゃいますよ!」
皆「口閉じないの?」
伊「もっかいやって!大ちゃん」
山「お前のは作られたロボットみたいな笑顔だぞ」

有「ロボットは全部作られてるよ!」
山「あれ、俺の癪に触るからやめてもらっていい?」
有「満更でもねぇくせに楽しみにしてんだろ?」
山「……うるせぇな、黙ってろよ(ニコニコ)」
Tシャツをパタパタさせる山田くん
有「山田が照れるてる時の癖はねぇ~Tシャツパタパタするんだよ」

有岡の顔を見た伊野尾「大ちゃんもう1回して!」って言って伊野尾がアカペラで愛のシュビドゥバって歌って、それに合わせてまた大ちゃんあざとい表情する。伊野尾爆笑。

 

わたし、友達になぜかちーちゃんっぽいって理由でちーちゃんって呼ばれてたから、涼介くんありがとうって感じ( ;  ; )

16.From.

→光くんダンス。顔の横でおててにぎにぎ。ほっぺたびよーん。

ほっぺたびよーんを涼介くん無心でやる。かわいい。かわいい。

大サビ前に、メンステ上段に走り、伏せて身を隠す涼介くん。
光くんが涼介くんを探そうとキョロキョロし、見つけた光くんが走って追いかけるが、衣装でブロックしてキスから逃れた。
しかし、その場から降りられなくなっちゃう涼介くん。下から伊野尾くんが「受け止めるから俺の胸に飛び込め!」と手を広げるが、
首をふる涼介くん。結局そのままはけていく。

 

From終わりのMC、

そし誰番宣、先週の予告を見てから知念ちゃん「ちゅーするの?」と聞いているんだそう。裕翔くん番宣のあとに、裕翔もちゅーするの?誰と?エンケンさんと?
裕翔くん「エンケンさんならしやすい身長だけど」
伊野尾、大爆笑。


17.My girl

→記憶がない。イケメンすぎて記憶が飛んでいる。めっちゃ踊ってたなー。とんでもなくかっこよかったのは覚えている。ごち。

 

18.僕とけいと

→始まりの音がOVERみたいで、ここでOVER?って思ったら僕とけいとでした!すんごいかわいかった。ダンスかわいかった。涼介くん妬いてるんだろうな〜そこも含めてかわいかった。


19.ChikuTaku

→伊野尾ピアノでスタート。

歌い出しが光くんではなく、涼介。普通にサビを歌って、後半薮くん。戻れず〜にもっていく。照明ついたらバンドスタイルでした〜( ;  ; )光くん眼鏡。裕翔くんはツインペダル。最後のやぶひかパートは健在。わたし2度目の死亡。

 

20.Eve

→山田アレンジあり。ゆーやソロ最高でした( ;  ; )


21.Mr.Flawless

→裕翔に薔薇を渡され子が黄色いお花を持っていて裕翔にお返し。それを受け取ってポケットに入れてステージに戻る裕翔。曲終わるまで胸ポケットに入ったまま踊る裕翔。素敵すぎる、、、。


22.SUPERMAN

→最初の映像からかっこよかった、、、そしてまさかシャンデリアに乗ってるとは思わなかったよ、、、涼介くんあざといしエロいし完璧!!


23.Tasty U

→「嘘なんてもういらない」ありやまアイコンタクトからの涼介くんが有岡くんにグーサイン。萌える。ごち。


24.Ride With Me

→センステで。編曲変わってたし、ダンスも変わってた!

ラストのサビは今までと変わらない振り。

相変わらずRWMはかっこいいっすわ、、、。


25.キラキラ光れ

→もう記憶がここら辺ないよ、、、夢みたいだよ、、、光くんが煽ったのは覚えてる。


26.Come on a my house

→そういえばカモナを生で聴くの初めてだった!一緒に踊れてよかった!!!
伊野尾「宮城〜!知念の家に行きたいか〜!」
有岡「いきたーい」
伊野尾「知念さんさすがにこの大人数は無理ですよねぇ?」
知念「かもなまいはーうす」
伊野尾「イェーイ!」


27.明日へのYELL

→タオル回しまくった。ほこりすごかった。

裕翔くんのソロパートやっぱり好きだな〜!


28.Dear.

→胸に手を当てて聞きました。かみしめた。かみしめたよ涼介くん!!!!!!!!!!!好きだよ!!!!!!!!!!!!!!

薮くんと涼介くんのアカペラもよかったよ( ;  ; )

【アンコール】
29.Magic Power

→スタトロ真後ろ通った!伊野尾、涼介、薮、光、知念の5人。

お隣にいた光担のお友達が、光くんに5秒程見つめられるというファンサ!!!

わたしは完全に涼介くんに干されましたが、襟足を拝み、汗はもちろんのこと、毛穴まで見ることができました。伊野尾はあれ人間じゃない、、、。みんな顔が綺麗、、、。


30.愛すればもっとハッピーライフ

→もう干されたからいいやってなって、イエーーーイって全力で言いまくった、、、笑

銀テープも取れた〜!!

 

最後はけるときのやぶひか。

光くん薮くんを捕まえて、

光「お前最後になんか言えよ〜」

薮「(ニコニコしたあと)またいっしょにイチャイチャしようぜ」

 

 

 

ごちそうさまでしたーーーーーーーー!!!

生きててよかったです!とってもよかった!!

久しぶりにJUMPくんたちに会えてよかったです!!全体的にエロくてサディスティックだったので、Mなわたしにとってはありがたいコンサートでした、、、。涼介くんの照れたときの言葉悪くなるやつも2回ほど聴けたので満足です!あぁ罵られたい!そして学んだのは、可愛くないとファンサはもらえないということです。頑張って可愛くなろうと思います。

 

次回は10月8日の横アリなので、それまで頑張ります。

 

ごち。

 

映画の感想⑵ 〜陽だまりの彼女〜

映画の感想書くの2回目なので、⑵にしました〜!ネタバレあるから注意ね〜!!



見るの2回目なんです、陽だまりの彼女

小説はさらっと読んだし、1回見たし、
でも金曜ロードショーでやるっていうもんで、細かいとこまでじっくり見れました。

けどやっぱりカットされちゃうね、テレビ版だと。好きなシーンが割とカットされてて悲しかった( ;  ; )



最初から結構猫ちゃんがいっぱい出てきてて、勘の良い方は、冒頭2、3分での浩介の幼い頃のエピソードで、なんとなく結末が分かっちゃったりするかもしれないですけど、、、

とにかく映像が綺麗で素敵。今度時間があったらロケ地巡ってみます。

 
わたし的に好きなシーンは、
『私、あなたと結婚して良かった』のところなんですけど、なんていうかもう、かわいい!!!!!!!!!!!!!
その一言に尽きます!!!!

あ、あと上野樹里ちゃんの服装が全部タイプ。



あとは、やっぱりなんといっても
『お前、ブライアン喰ったろ』
だよね。

あのシーン、浩介が、真央の正体を知ってから始めて会うところですが、浩介は、「なんで黙ってたの」とか、「真央は猫なの?」とか、そういうことじゃなくて、
『お前、ブライアン喰ったろ』ってところが、めちゃめちゃグッとくる。
その一言に、浩介のいろんな感情がガガガッと詰め込まれてる感じがして、わたしの涙腺はいつもそこで崩壊します。


でも、ひとつ疑問に思ったことが。

大人になった真央と浩介がキスしたあとで、
浩介が『どっちだよ』って言うんですが、
これはなんのどっちだよなの!!!!!!!ってなってもやもやしたままだったのが、2回目見てますますもやもや。

気になって調べたら、
『(泣いてるのか笑ってるのか)どっちだよ』
ってことみたいです!解決。


とにかく素敵な映画ってことは間違いないです!!!!

夢見る18歳




どうも。大学生です。

4月からわたしも晴れて大学の看護学科に入学したわけなのですが。





さっそく闇だらけです。





毎日毎日レポートや予習復習に追われ、生きてる気がしません。
わたしは本当に今生きてるんでしょうか。


そんな中、本日、安田くんの演技を見に、映画館へ。
『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』を見に行って参りました。


ここからちょっとネタバレになると思うので、嫌な人見ちゃダメだよ!!!!!!










安田くんの演技はもっと評価されるべきだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


まずね、安田くんが最高。演技最高。

だけどね、まぁもろもろあってね、安田くんを見てのわたしの感情がぐっちゃぐちゃになりました。
みんななんか真剣に見てるシーンなのに、すごい笑いそうになっちゃってごめんなさいって感じだったけど!!!!でも!!!やって欲しかった役に近い感じで!!!!!!素敵だった、、、( ;  ; )

でもね、軽くホラー要素入っててマジで怖い。
よく1人で見に行けたな、と。

そして、口元だけ映るシーンで安田くんだとパッとわかって口元!口元!ってなって興奮した。

あと、安田くんの運転する車の助手席に乗せてもらって、高速ぶっ飛ばしたい人生だった、、、( ;  ; )



まぁ、こんな感じです。
今から課題やりながら、ばしゃ馬の天童くんを見ようかと。


明日は久しぶりのバリ3集合なのでとても楽しみです🐼🐼🐼
広告を非表示にする

山田涼介のソロ曲について考える。

どうも。生きてますよ。勝手に殺さないでくださいね。

今日は、再びHey!Say!JUMP熱がふつふつと沸き上がってきてるので、担当の山田涼介について書こうと思います。




一応、山田涼介担は彼らのデビューからずーっとやってますからね、ソロ曲なんぞ網羅してるわけです。そして、一通り聴いてて思うのが、

山田涼介のソロとか、作詞した曲ってなんであんなに重いんでしょう。

絶対、あの人は、重いです。
恋愛とかに関してね。

ということで、歌詞、曲調の重さレベルが軽い順に、紹介していこうと思います。(わたしの独断と偏見で。)



『花 えがお』
なんて素敵な歌なんでしょう。
これこそ、王道アイドルソングですわ。
聴いたことない人は聴くべき。
そしてついでに、この曲がOPの『スプラウト』というドラマを見てみてください。
高校を卒業した諸君、後悔します。
そして夏が恋しくなります。

あー話が逸れた、そうそう、この曲、
あの涼介くん作詞とは思えないほど
重くないんですね!!!!
”七色の輝きが君の明日照らしたら
それが道標になっている 約束の場所”
んーーーファンタスティック🐱(山猫ボイス)
キラッキラの青春を取り戻してくれる、そんな曲です。まぁわたしにキラッキラの青春があったかというと、あれれ、どうだっけかな、ごめんなさい、記憶喪失です。


『Candle』
すごーーーーく素敵な歌。
キャンドルに例えるのも素敵。
ライブで、涼介ソロの時、ちょっとCDと間の取り方が違うの、あのアレンジすごい好きです。
泣いちゃうやつ。
ただ、ちょい重めだよね、歌詞が。
  

 
『ミステリー ヴァージン』
もうタイトルがミステリーだろって感じですけど、イントロが金田一のドラマの中で使われてたやつだから、これが流れるとじっちゃんの名にかけたくなるんですが、、、。

これはまぁ重いとか重くないとかじゃないけど、曲調がミステリーだから、レベル3ぐらいかなぁ、というなんとも適当な感じです。
序盤の歌詞は重いけど、サビとかは、謎を解き明かすぞ!!!!的な歌詞なので、ぜひ頑張って謎といてほしいですね!!!



『パフューム』
こちら、がっつり涼介のソロ映像化されてるのいきなりin*1だけなんですね!!!あと少クラ*2では、セブンメンバーと一緒に歌ってたりしたよね。(なんせ昔のことだから曖昧)

これは、午後の廊下で、好きな女の子を見かけて、そのパフュームの香りにおぉ、、ってなる曲(説明の下手さが異常)なんだけど、
すれ違いざまにその女の子の、髪の長さとか、瞳の眩しさとか、胸の尖ったラインまで記憶しちゃうんですわ、、、アイヤー、、、ただの変態にしか見えない、、、!

でもまだ、あれじゃん、かわいいもんでしょ、パフュームの香りが僕を狂わす、だなんてね!!!

ここからだんだん重くなっていくんだなぁこれが、、、


キンキ兄さんごめんだけど、
例え大好きな人の香水をつけてる人が街歩いてても、着いて行きたくなっちゃうのは分かる、分かるけどダメだよね!!!危ないよね!!!!!!!!!
涼介が歌うと危なさが増すの!!!ほんとにひょいひょいついていきそうな女の子を想像させるの!!!


『銀の世界に願いを込めて』
こちらもナイスバラード。
だけど、スノードームとか使っちゃうところ、重さ出てますね〜〜!好きですけど。
君のおでこに雪に紛れてキスするところもちょいちょい重めだよね〜〜!好きですけど。
色づく銀の景色に見とれた君に見とれちゃうタイプね、重いよね〜〜!好きですけど。
もう結局好きなのよ!!!!
す〜き〜だよ〜♬なの!ほんとに!
こっちが!!こっちがそうなの!!!


『3月14日〜時計』
まずね、なんて読むか分かんなかったよ!!
なんだなんだ、どうしたってなったよ!!*3
アコギサウンドのバラード大好きなので、毎回聴くたびに泣くんですけど。

ただ!
最初に渡したプレゼントが時計っていうのは3874269歩譲って良しとする!!!!そこも重いって言いたいけど!!!!とりあえず涼介がイケメンだから良し!!
だ!け!ど!
そこに
”Let's spend the time together forever”
って刻んじゃうのは重いでしょうよ!!
”一緒に永遠に時を過ごそうよ”って!!!!
涼介だから許されるんだよ!!!!!
素敵だけどね!!!!!!好きだけどね!!!!

あと、ライブはなぜ原キーで歌わなかったのかい涼介くんよ。喉が辛いだろうと踏んだのかね、、、。
あとあのアカペラはずるいです、かっこよすぎです、鳥肌です。ただカラコンはやめましょう。異次元の人みたいで悲しいです。やめない場合は知覚過敏ひどくするぞ。

『Moonlight』
”夢の中の笑顔 忘れられない涙 ←わかる
満ちて行く君を抱きしめたくて” ←わかる
You are moonlight ←違うし重い
Don't leave me alone ←未練すごいやないか

って感じですわ、、、

もし2度と笑顔を見れないというのなら、明日さえも来なくていいって、、、あーあーあー、、、未練のオンパレードじゃないすか、、、

車魂のMoonlightも、ミスヴァ発売してからの少クラも、JUMPing Tour08-09のも、ムンラやってるやつは全部見てるけど、やっぱりわたしは初期のJUMPing Tourが1番好きだよ、、、
まだ歌い方の癖もついてなくて、センステで王様の椅子みたいなの座って、曲終わりステッキにちゅーするのはもう最and高。



『真紅』
これが最も重いよね。
1番最初に作詞したとは思えないほどの未練だだ漏れバリ重ソングだよ涼介、、、。
いや好きだけどね?!?!真紅はわたしのお母さんがなぜか気に入ってるしね?!?
ダンスもかっこいいし、定期的にやってほしいけど、重い。



さあ、どうでしょう。

重い。っていうか未練ダラダラの曲が多い。

けど、好きなんですわ。
好きなんですわ!!!!!!!
山田涼介くんわたしあなたのことが好きなの!!!!!!

この中で気になった曲なんかあったら、ぜひぜひ聴いてみてね🐯🐯

*1:2007年の Hey! Say! JUMP デビュー&ファーストコンサート いきなり! in 東京ドーム

*2:少年倶楽部っていうBSでやってる番組です

*3:最初の時計、と読みます

バンドのはなし

今回は、自分のことについて少し書こうかと。

わたしは高校1年生の春から3年間、バンド活動を続けてきました。完全に趣味の領域でやってたから、みんなそれぞれ部活やらなにやらで、オリジナル作る余裕はなかったから、コピバンだったけど、本当に濃い3年間だったんです。
結成は2013年4月27日。
地元の大型スーパー(ジャス○ール←わかる人には分かる)で集まって、バンド名も決めないまま、プリクラを撮りに行ったのを覚えています。

で、ゴールデンウィーク、初めての練習がありました。わたしの高校の文化祭が初ライブってことになるから、そのための練習とバンド名を決めるのに集まりました。

わたしの家って、そんなにがっつりバンドが好きとか、音楽が好きとか、なかったんです。
でも、他のバンドメンバーの子は、お父さんが楽器やってた、とか、バンドがすごい好き、とか、ドラム習ってる、とかで、みんな経験があって、、、わたしはスタジオって空間も、音も、そこで歌うのも初めてだったから、正直そこでの記憶はあまりない(笑)
ただ、バンド名が、全員そのとき”1組”だったことと、諸事情で2つの高校が同じ場所にあったから、場所って意味をつけて、そして後付けだけど全員本格的なバンドを組むの初めてだったから、”最初の場所” ”原点” って意味も込めて、
『First Site』*1って名前にしました。

文化祭のときの写真です。
f:id:omochi24:20160315213447p:image
照明がめちゃくちゃかっこいいんだけど笑


今までコピーしてきた曲は、おそらく40〜50曲ぐらいあります。
そんなにバンドの曲を聴くわけでもなかったわたしが、自分が聴いたこともないような曲をやることで、幅広いジャンルをより聴くようになったなぁと思います。



けど、わたしの中でバンドをやっていて1番大きかったのは、人との出逢いです。

First Siteには、兄妹バンドがいます。
ドラムの子が掛け持ちしてるバンドで、そのドラムの子以外のベース、ギター2人、ボーカルは全員男の子の『Linkskill』*2というバンドです。

ボーカルの子は元々知っていたけど、他の3人は全く知らないし、最初はどこの高校かも分からないし、むしろ怖いイメージしかなくて。
でも、ライブのたびに一緒になったりするから、話してみると楽しくて。
もっともっと仲良くなりたかったなって思います。
彼らのおかげで、ハードコアも聴くようになったし、デスボイスへの抵抗もなくなりました。

地元のライブハウスのスタッフさんともすごく仲良くなって、みんなでバーベキューしたり、ご飯食べに行ったり、そういう経験もなかったから、すごく新鮮だったし楽しかったな。
f:id:omochi24:20160315214432p:image

そして、2016年3月13日、地元のライブハウスで、ラストライブをしました。
f:id:omochi24:20160315214643j:image

本番前、今までになく緊張してて、
声も思ったようにでなくて、1番余裕のない本番前でした。
ただ、練習では今までで1番良いものになるって確信が持てるくらいの出来だったから、自信を持って本番に臨みました。

わたしとしては初の試みでシャウトみたいなのを思い切ってやってみたりしたら、どんどんテンション上がっちゃって、パフォーマンスは1番良かったかな!演奏はわたしは音外しまくっちゃったからアレだけど、、、。

あとね、わたしが1番嬉しくて楽しかったのは、金色グラフティーを兄妹バンドのLinkskillに混ぜてもらったこと。
一度やったことがあって、もう一回やりたくて、でももうやらないなあって思ってたら、
直前にやらないかって言われて、その数十分後にステージに立ってて、なんだろうって、夢みたいだなって思って。




なんだかここまでだらだら書いたけど、伝わらないんです。前の記事にも書いたけど、伝わらない。なんだろうな。この気持ちをどう表せば良いかな。
ライブの達成感と、バンドが終わっちゃう悲しさと、ヘドバンしすぎて首が痛くなってる幸せと、少しの後悔と。いろんな感情が混ざって、涙しか出てこないよ。

書きたいことも言いたいこともまだまだあるんだけど、上手く言葉にできないことばっかり。これをきっとわたし以外の7人は見ることはないんだろうけど、とにかくありがとう。みんなありがとう。出逢えてよかった。




*1:ファーストサイト、と読む

*2:リンクスキル、と読む

広告を非表示にする