バンドのはなし

今回は、自分のことについて少し書こうかと。

わたしは高校1年生の春から3年間、バンド活動を続けてきました。完全に趣味の領域でやってたから、みんなそれぞれ部活やらなにやらで、オリジナル作る余裕はなかったから、コピバンだったけど、本当に濃い3年間だったんです。
結成は2013年4月27日。
地元の大型スーパー(ジャス○ール←わかる人には分かる)で集まって、バンド名も決めないまま、プリクラを撮りに行ったのを覚えています。

で、ゴールデンウィーク、初めての練習がありました。わたしの高校の文化祭が初ライブってことになるから、そのための練習とバンド名を決めるのに集まりました。

わたしの家って、そんなにがっつりバンドが好きとか、音楽が好きとか、なかったんです。
でも、他のバンドメンバーの子は、お父さんが楽器やってた、とか、バンドがすごい好き、とか、ドラム習ってる、とかで、みんな経験があって、、、わたしはスタジオって空間も、音も、そこで歌うのも初めてだったから、正直そこでの記憶はあまりない(笑)
ただ、バンド名が、全員そのとき”1組”だったことと、諸事情で2つの高校が同じ場所にあったから、場所って意味をつけて、そして後付けだけど全員本格的なバンドを組むの初めてだったから、”最初の場所” ”原点” って意味も込めて、
『First Site』*1って名前にしました。

文化祭のときの写真です。
f:id:omochi24:20160315213447p:image
照明がめちゃくちゃかっこいいんだけど笑


今までコピーしてきた曲は、おそらく40〜50曲ぐらいあります。
そんなにバンドの曲を聴くわけでもなかったわたしが、自分が聴いたこともないような曲をやることで、幅広いジャンルをより聴くようになったなぁと思います。



けど、わたしの中でバンドをやっていて1番大きかったのは、人との出逢いです。

First Siteには、兄妹バンドがいます。
ドラムの子が掛け持ちしてるバンドで、そのドラムの子以外のベース、ギター2人、ボーカルは全員男の子の『Linkskill』*2というバンドです。

ボーカルの子は元々知っていたけど、他の3人は全く知らないし、最初はどこの高校かも分からないし、むしろ怖いイメージしかなくて。
でも、ライブのたびに一緒になったりするから、話してみると楽しくて。
もっともっと仲良くなりたかったなって思います。
彼らのおかげで、ハードコアも聴くようになったし、デスボイスへの抵抗もなくなりました。

地元のライブハウスのスタッフさんともすごく仲良くなって、みんなでバーベキューしたり、ご飯食べに行ったり、そういう経験もなかったから、すごく新鮮だったし楽しかったな。
f:id:omochi24:20160315214432p:image

そして、2016年3月13日、地元のライブハウスで、ラストライブをしました。
f:id:omochi24:20160315214643j:image

本番前、今までになく緊張してて、
声も思ったようにでなくて、1番余裕のない本番前でした。
ただ、練習では今までで1番良いものになるって確信が持てるくらいの出来だったから、自信を持って本番に臨みました。

わたしとしては初の試みでシャウトみたいなのを思い切ってやってみたりしたら、どんどんテンション上がっちゃって、パフォーマンスは1番良かったかな!演奏はわたしは音外しまくっちゃったからアレだけど、、、。

あとね、わたしが1番嬉しくて楽しかったのは、金色グラフティーを兄妹バンドのLinkskillに混ぜてもらったこと。
一度やったことがあって、もう一回やりたくて、でももうやらないなあって思ってたら、
直前にやらないかって言われて、その数十分後にステージに立ってて、なんだろうって、夢みたいだなって思って。




なんだかここまでだらだら書いたけど、伝わらないんです。前の記事にも書いたけど、伝わらない。なんだろうな。この気持ちをどう表せば良いかな。
ライブの達成感と、バンドが終わっちゃう悲しさと、ヘドバンしすぎて首が痛くなってる幸せと、少しの後悔と。いろんな感情が混ざって、涙しか出てこないよ。

書きたいことも言いたいこともまだまだあるんだけど、上手く言葉にできないことばっかり。これをきっとわたし以外の7人は見ることはないんだろうけど、とにかくありがとう。みんなありがとう。出逢えてよかった。




*1:ファーストサイト、と読む

*2:リンクスキル、と読む

広告を非表示にする